株式投資犬♂タローの専業投資家への道

目指せサラリーマン卒業&専業投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

【来週の作戦】楽観・強気相場に要注意。トレンドが明確になるまでは無理しない(2020/11/30~)

先週も継続して、日経平均は強かったです。

f:id:happy-retirement:20201129100739j:plain

先週のブログで、「コロナショックは多分来ない」と書きましたが、その通りになりそうです。金曜日に東京の新規感染者は500人を超えましたが、日経平均は全く崩れませんでした。

www.happy-investment-life.com

これでコロナが要因での暴落・調整は来ないと言っても良いでしょう。
ただコロナ以外の要因で相場が崩れる事は、今後警戒しておいた方が良いです。

Twitterなどを見ても、少し楽観的な投稿やニュースが増えてきた感じです。
Fear&Greed指数は90を超えて、かなり強気な相場になっています。

f:id:happy-retirement:20201129091523p:plainhttps://money.cnn.com/data/fear-and-greed/

 信用買い残と売り残金額も、今年の1月・コロナショックが起こる前の水準に戻っています。

f:id:happy-retirement:20201129091942p:plain

信用買い残が2.4兆円を超え、信用売り残が1兆円を下回ると警戒した方が良いと思います。これが今後、更に信用買い残が増えると、いよいよ警戒しないといけません。

例えば、2018年は、かなり相場も好調だったので、信用買い残は3兆円を超えて、最大で3.6兆円まで増えました。一方、信用売り残はそれほど増えておらず、貸借倍率は4.8倍まで達していました。

ただ2018年の年末12月に、クリスマスVIXショックが起き、市場は大暴落しました。
きっかけは大したことなかったのに、市場全体がクラッシュしました。

株式市場の暴落は風船でイメージする

私は相場の崩れを「風船」でイメージしています。
風船がどんどん膨らんでいると、どこかでキャパシティを超えて風船は割れます。
風船が膨らんだ大きさによって、割れた時の衝撃も大きくなります。この「風船の膨らみ具合・大きさ=信用買い残数の多さ」になります。

また風船は針で突っついたり、外部から刺激を与える事でも割れます。
この針が、暴落を起こす「きっかけ・トリガー」です。

針も鋭さが異なっていて、例えば、コロナや戦争・テロなどはかなり鋭い針で一発で風船が割れます。一方、景気指標の悪化、有名企業の倒産なども針の1つですが、それで風船が割れないケースもあります。

「風船の膨らみ」と「針」が組み合わされる事で、株式市場の暴落は発生します。

 

この2つのうち、データから予想できるのは「膨らみ=信用買い残数」です。

一方「針=きっかけ」は、いつ起こるか正確に予想する事はできません。
過去に正確にきっかけを予想(予言)できた人が、どれだけいるでしょうか?

東日本大震災、9.11のテロ、リーマンブラザーズの破綻、今回のコロナショック、いつも事件は突然起こるものです。

 

となると個人投資家ができる事は、風船の膨らみ具合に対して、警戒をする事しかないです。

今の株式市場は、こんな感じのイメージです。バラエティ番組でよくあるやつですね。

f:id:happy-retirement:20201129095928j:plain

いつ風船が割れるか分かりません。まだまだ膨らむかもしれません。
半年先になっても、株価は上がり続けるかもしれません。

ただ、この状態で、どのようなスタンスで投資を続けるかが大切です。
いずれ割れることを想定しながら、強気に利益を取りに行くのか?
それとも常にハラハラするのは精神的に良くないので、安全圏に避難するのか?

ちなみに私は後者の安全圏に逃げる派です。今後更に株価は上がり、チャンスを逃す事になるかもしれません。しかし株式投資を長く続ける中で大切なことは資産を守ること、ディフェンス・防御です。無理をせず、確実に勝てる時に大きく勝負すれば良いのです。

ぜひ、皆様もご自身で、今後の投資スタイスを考えてみて下さい♪