株式投資犬♂タローの専業投資家への道

目指せサラリーマン卒業&専業投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

株式投資で大切な3要素。割安 × 成長性 × モメンタムで考える。

今年のコロナ自粛期間中に、株式投資で何が大切だろうと色々と考えていました。
色々な株の本を読んだり、有名投資家のTwitter、ツイキャス、Youtubeを見て、悶々と考えた結果、「割安」「成長性」「モメンタム」の3つの要素の掛け合わせだと言う結論に達しました。

先にパクりだと言われないように言い訳?をすると、全く同じことをZeppyの井村俊哉さんも仰っています。
この動画を見た時に、私は嬉しさで興奮しました。井村さんのような億トレ投資家の方と同じ答えに行きつくということは、自分の考え方がある程度、正解であると言う事です。これは自信になりました。

ぜひ本家Zeppy動画も見て下さい!!非常に勉強になります。

さて井村さんと被ってしまい大変恐縮なのですが、今日は私なりの考え方をご説明します。

割安 = 下落に強いディフェンシブ銘柄

まず割安株(バリュー株)ですが、その会社の利益や資産に対しての評価が株価に反映されておらず、株価が低い状態の株式の事です。
(参考)割安株│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

割安株は適正価格から株価が乖離しているので、株価が上がる伸びしろ(ボラティリティ)が大きいと捉える事ができますが、私は「これ以上、株価が下落しにくい」という防御・ディフェンスの観点で考えています。

株を買う時に大切なのが、買値のポジショニングです。これが中途半端だと、ちょっとした下げでも含み損になってしまい、精神的に余裕を持つ事ができません。
含み損が多くて精神的に余裕がないと、ついつい焦って誤った判断をしたり、ネガティブ思考に陥ったり、日常からイライラしてしまったりなど、良い事がありません。
この精神的余裕は株式投資で最も大切だと私は考えています。

割安株の判断は人それぞれあると思いますので、何でもOKです。
私の場合、PBRとボリンジャーバンドのσ値を参考にします。最近のコロナショックで5年来安値を付けている銘柄もあり、過去事例から割安と判断する事もあります。

成長性 = 強い需給を呼ぶ攻撃力

割安株は防御・ディフェンスとご説明しましたが、ずっと守ってばかりではダメです。
割安株がいつまで経っても株価が上がらないバリュートラップに陥ることもあります。

攻撃を考えた時に大切なのが成長性です。成長株(グロース株)とは業績が良く、株価が高く評価されていて、更に成長が見込める株式の事です。
(参考)成長株│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

成長性は主に業績(売上高成長率など)やテーマ性、ビジネスモデルなどから分析します。この分析は有価証券報告書・四季報などを読んだり、色々と情報収集を行う必要があるので根気がいる作業です。嫌厭される方も多く、私も少し苦手ですね(苦笑)

ちなみに割安と成長性を組み合わせて成功した投資家は、かの有名なウォーレン・バフェットです。

モメンタム = 起爆剤・推進力

昨今の株式投資で、もう1つ大切な要素は「モメンタム」です。モメンタムの定義は色々あって、人によって解釈が違うと思いますが、私は「成長性以外の理由・材料で高騰する銘柄」と考えています。

モメンタムで一番良い例は「企業のIR」だと私は思ってます。頻繁にIRを出す会社があります。
・新しく薬・ゲーム・商品をリリースする予定と発表する。
・特許を出願した。登録になった。
・新薬の治験が次のフェーズに進んだ。ゲームの事前登録が○○人を超えた。
・他社と共同で開発を始める

これらの情報は、まだ現在進行中で業績に反映されていませんが、それでも投資家の期待を集めて、株価が高騰する事があります。

更に最近ではTwitterやSNSで情報が伝搬するのが早く、「煽り行為」もこれを加速させるため、IRのインパクトの大きさは避けては通れない材料です。

IRを含め、私は次のような事がモメンタム材料だと考えています。

①企業のIR、ニュースリリース

②貸借倍率(空売りの踏み上げ)

③アベノミクスのような過剰な全体地合い

このようなモメンタム材料は、眠っていた割安株・成長株を呼び起こす作用もあります。株価が短期で高騰するためには、何かしらの起爆剤は必要で、それがモメンタムだと考えています。

3要素のうち2つを組み合わせる

「割安」「成長性」「モメンタム」の3要素をご紹介しましたが、この3つを全て満たす銘柄というのは、なかなか見当たらないものです

なので、このうちの2つを組み合わせて銘柄を買うようにすると良いです。
私のお奨めは「割安×〇〇」、割安は必ず入れるようにして、成長性とモメンタムのどちらかを入れるやり方です。
割安はディフェンスなので、ディフェンスとオフェンスの組み合わせがバランスが良いかなと思います。
一方、成長性 × モメンタムは超攻撃的な組み合わせなので、一発で大きなボラティリティを狙うなら非常に面白いです。

うまく2要素を組合すことができれば、+25~50%の含み益を取れて、3要素全てを満たすことができれば、2倍株以上は狙えると思ってます。

f:id:happy-retirement:20200726111100j:plain