株式投資犬♂タローの専業投資家への道

目指せサラリーマン卒業&専業投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

【来週の作戦】夏のバブル相場に向けた最後の仕込みを(2019/05/25~)

長く続いていたコロナ自粛期間でしたが、ついに東京都内の新規感染者数は9日連続で20人以下になりました!!50人以下は18日連続達成です!!
ついに夜明けが見えてきましたね。
まだまだ油断は禁物ですが、少しずつ経済再開の息吹が感じられ始めました。

2週間前に、私は「Sell in Mayは来ない!!」とブログで書きました。

www.happy-investment-life.com結果を見てみると・・・

f:id:happy-retirement:20200523174206p:plain

ねっ、この5月の日経平均は全く下げていません。むしろ右肩上がりです。
マザーズに至っては年初来高値更新。コロナショック前の水準まで戻りました。

株式投資では、今の状況を見て判断するのは遅く、少し先の未来を予想する事が大切です。この相場の流れを適切に読まないと、ブームに乗り遅れて相場と反対の売買をしてしまい、損をしてしまいます。
個別銘柄を分析する事も大切ですが、全体相場の流れを適切に掴む事も株式投資で重要です。

海外投資家の売り vs 個人投資家&日銀の買い

Sell in Mayは起きませんでしたが、上値が重く、なかなか株価が上がりませんでした。
これは海外投資家の空売り数が多いからです。

f:id:happy-retirement:20200523174824p:plain

4/10週を除いて、2月からずっと「売り」です。一方の個人投資家は「買い」ですが、その量は圧倒的に海外売りの方が多いです。
これはある意味「Sell in May」は起きてたと言っても良いです。
しかし、この圧倒的な売りにもかかわらず、株価はじわじわ上げています。
これは買いが強く、空売り側が不利である事を意味しています。

ここで何らかのポジティブ材料が出れば、一気に買い手優勢となり、積み上がった海外投資家の空売りの買い戻しも加わり、踏み上げバブル相場になると思ってます。

実際、先週、米モデルナ社が開発したワクチンが第1段階の治験で良好な結果が出たと発表され、ダウと日経平均は大きく上げました。このような良いニュースが今度、次々と増えると予想しています。

そうすると、この5月、6月前半の決算ラッシュが最後の押し目買いのチャンスかと思います。
その後、7~8月をピークに株価は上昇し、日経平均は22000~23000円くらいまで行くかなと予想します。

出遅れた銘柄のV字回復を狙う

来週の作戦も先週から変わりません。

①貸借倍率が低い(信用売りが多く、信用買いが少ない)

②株価が低迷していて、チャート的に割安。

③悪決算発表の翌日の押し目買いを狙う

www.happy-investment-life.comバイオ、ゲーム、IT銘柄などは、このコロナショック下でも強く、以前の水準まで戻っているものが多いです。このような銘柄を今から狙うより、やはりこのコロナ自粛で追いやられた銘柄がチャンスです。
コロナからの回復が早い順は、外食業、百貨店、観光(ホテル・鉄道、テーマパーク)、最後に航空関連と思っています。

5月も残り1週間となりました。2番底に考えを囚われずに、ぜひバブルの可能性も考えていただければと思います。じっくりと方向性を見極めましょう!!