株式投資犬♂タローの専業投資家への道

目指せサラリーマン卒業&専業投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

【来週の作戦】コロナ弱気相場継続。ダウ先物の動きを追え!!(2020/03/16~)

※注意 本ブログは2020/03/15に執筆した超短期手法です。
あくまで自己責任での投資をお願いします。

まず先週の振り返りからです。
私は、そろそろ短期の買い戻しがあると予想しましたが・・・。

www.happy-investment-life.com結果はショートリバウンドはせずに、更に株価は下落しました。
3/13(金)の後場から、少し反発しましたが、後で考えれば、これが機関の買い戻しだったのかなと思います。
ただ「日銀買いのリバウンドを期待しない」の予想は当たりましたね♪
日銀は3/10(火)、3/12(木)、3/13(金)の3回1000億のETF買いを行いましたが、結果は焼け石に水でしたね・・・。

欧米はコロナ感染拡大、弱気相場継続!!

さて来週の作戦を考えます。

コロナの感染状況は「中国 → 日本 → アメリカ・ヨーロッパ」順番に状況が進んでいます。
既に中国では沈静化の兆候が見られ、日本は上手く感染を抑えこめていると思います。
ただし、アメリカ・ヨーロッパは絶賛コロナ感染継続中です。既に日本で起きた事と全く同じ事が、欧米でも起きてますよね(トイレットペーパーがなくなるなど)
むしろトムハンクスさん、カナダ首相夫人のなど著名人・有名人にも感染しているので、日本以上に感染は広がり、被害が大きくなりそうです。

まだまだアメリカ市場は弱気相場が続くと思われます。

 

弱気相場が続くとなれば、私の先週までの勝ちパターンが、まだ使えそうです。
ご参考までにタローの投資法をお教えします!!
(※ただし、投資は自己責任でお願いします。)

タロー流・ダウ先物を用いた投資法

ポイントは「日本の市場中にダウ先物が前日比と比べて、大幅に下落しているか」です。

f:id:happy-retirement:20200315083142p:plain

上の例ですと、ダウ先物は前日と比べて、約-500ドル下げています。
この下げ幅が大きいほど、その夜のダウは下落する確率が高いです。

何らかのポジティブ発表がされ、ダウが切り返す可能性もありますが、アメリカのコロナ感染状況を見ると、まだまだネガティブ要素の方が強いです。先週はダウ先物と同じように夜間のダウは下落しました。

ここで買うのがVIX短期先物指数<1552>です。これはS&P500が下落すれば、大きく株価が上がるという銘柄です。ダウ下落すれば、S&P500も連動して下落します。
つまり、その夜のダウが下落すればするほど、S&P500も下落し、翌日のVIX短期先物指数は大きく上がるというロジックになります。

 

ただし!!VIX短期先物指数は、値幅の動き(ボラティリティ)が非常に大きいので、
逆にダウ(S&P500)が上がれば、大損をするリスクもあります。

このリスクを少しでも軽減するために「ダウ先物が前日比と比べて、どの程度の下落なのか」をしっかり確認し、少しでも危ういと思ったら、細かく利確・損切することが大切です。これは1日単位で確認する必要があります!!
逆指値で「ある値段以下になったら利確・損切する」という設定をしておく事が非常に大切です。

判断の目安として、ダウ先物の下げ幅が、-100 ~ -500くらいだとダウが上がる可能性もあるのでVIXは買わない。-800以上なら作戦実行、-1000以上なら高確率でダウは下落するので強気に、日本時間にサーキットブレイカーが発動したら迷わず実行フル買い!!って感じです。

 

VIX短期先物指数が怖いと思われる方は、インバース系の銘柄でもOKです。
ダウが下がれば、連動して日本株も下がる確率が高いので。
インバース系なら、信用売りが多く信用買いが少ない(=貸借倍率が低い)銘柄が良いです。空売りは踏み上げられると、株価が上がる燃料になるからです。
日経ダブルインバース<1357>は2.82倍なので良さそうでね。


今回、ご紹介した方法は超短期型の投資法です。
※そんなに何度も使えないですし、数日限定の方法である事を注意して下さい!!

ただしブログ執筆時点で、サンデーダウは-900pts下げており、おそらく明日の月曜日のダウ先物も下げるでしょう。
「月曜日で買って、火曜日に売る」くらいの気持ちでいると良いです。VIXは何週間も持っておくものではなく、数日・週末には売るくらいの気持ちでいましょう。

 

来週も皆さん、頑張ろう!!
この厳しい相場を乗り切れば、楽しい「買い」のボーナスタイムが来ますよ♪