株式投資犬♂タローの専業投資家への道

目指せサラリーマン卒業&専業投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

【来週の戦略】コロナウィルス関連銘柄の2番天井を狙う!!(2019/02/17~)

タローブログ読者の皆様、お久しぶりです。

昨年2019年9月からサボっていた・・・じゃなく放置していましたブログですが、だいぶ株式投資に対する知識補填・充電ができたので、今日から少しずつ復活します!!

みなさんの株式投資に少しでも参考になれば幸いです。

さて来週、私が注目している銘柄を紹介します。

コロナ関連銘柄はどうなるか?

今週末からコロナウィルスの国内感染報告が増えてきました。

私は「発熱していなくても感染」するという時点で国内の感染は増え、事態は悪化するだろと予想していました。それが現実を帯びてきたと感じています。

ただコロナ関連銘柄は既に一度、株価が高騰しており、再度購入するには躊躇される方も多いでしょう。

こういうブーム株が再度高値を狙うには、以前よりさらに大きなインパクト材料が出るかがポイントになります。これがないと前回の高値を超えることができず、ダウントレードに移行してしまいます。

今回のコロナウィルスの場合、

①今後、国内の感染情報が急増。国内経済は混乱へ。

②アメリカはインフルエンザ患者に紛れた「隠れコロナ患者」もいそうなので、こちらも感染情報が増える

と予想しており、2番天井を狙えるのでは?と思ってます。

 

ただコロナブームも、そう長くは続かず、どこかで鎮静化するでしょう。

春・夏になれば気温が高くなりコロナウィルスは死滅するという情報もあります。

なので利確のタイミングを見極め、2番天井以降は無理して狙わない事も大切です。

興研<7963>

さて私が注目しているコロナ銘柄を紹介します。

まず興研。防塵マスクを製造・販売している会社です。

まぁ、ブーム株にファンダメンタルズ・中身を追求してもあまり意味がないのですが、ポイントは2つあります。
まず、1/23に売り禁(新規の信用売り禁止)になってます。

f:id:happy-retirement:20200216090928p:plain

前日の1/22の高値が2334円、それ以下で信用売りしている人は捕まっていることになります。もし株価が高騰すれば踏み上げ相場になる可能性があります。
既に先週末の株価は2500円を付けており、売り方は厳しい展開です。

また株不足も発生しており、非常に高い逆日歩が付いています。
1日20.8円は脅威です。100株信用買いしていたら、1日2080円貰えることになります。

f:id:happy-retirement:20200216085017p:plain

(参考)7963 興研(株)の空売り残高情報

信用売り方は、かなり厳しいと思われるので積極的に攻めても良いと思います。

また機関投資の売りが入っていないことも安心ポイントです。
こういう時は逆に投資機関が買いで攻める場合もあります。

栄研化学<4549>

栄研化学は、ウィルス検査キットを開発している会社です。

前回2003年にSARSが流行したとき「ランプ法」と呼ばれる独自技術を開発し、1.5時間で検査ができるキットを作り注目されました。

まだウィルスの検体が入手できずに開発中とのことですが、完成した時のニュースインパクトは大きいでしょう。株価を上げる起爆剤に十分なると思います。

また機関投資の空売りが、かなり入っています。

f:id:happy-retirement:20200216090438p:plain

1/22からモルガンスタンレーとNomura Internationalの2社が空売りを増やしており、合わせて約90万株仕掛けています。動向を見ると2/3~5、2/10に大きく信用売りを増やしています。下のチャートのオレンジ丸の部分がそうです。

f:id:happy-retirement:20200216091954p:plain

この辺りの株価が一つの壁になり、売り方も必死でしょうが、ここを突破すれば踏み上げ相場になります。
今週末、株探でも話題に取り上げらています。

kabutan.jpいちよし証券は1月29日に同社の格付けを「強気」で目標株価を3100円に設定していますし、前述しましたランプ法を使った検査キットが完成すれば、株価は上がるでしょう。じっくりと様子を見たいです。

 

その他は、シキボウ<3109>、アゼアス<3161>も注目しています。

理由は栄研化学と一緒で投資機関の売りが入っているからですが、売りの数は栄研化学の方が多いです。シキボウとアゼアスは約20万株です。
シキボウは1/28に売り禁になっているのもポイントです。

 

さて皆様も株式投資も大切ですが、コロナウィルス感染に気を付けて、ブーム相場を狙いましょう~。