株式投資犬♂タローの専業投資家への道

目指せサラリーマン卒業&専業投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

タロー流・投資マイルール ~守り編②~「底値を勝手に決めない!!」

前回は「損切」を中心に守りの投資法について、ご紹介しました。

www.happy-investment-life.com

 

でも、タローさん・・・。そんな事言われても、どこで買えばいいか分かりません・・・。

大丈夫!!今日は、守りの買い方をご紹介します!!

底値を勝手に決めない!!

それでは、損切をしないためには、どういう買い方をすれば良いかです。

それは、底値を勝手に決めないことです。

これは、先日の2018年クリスマス大暴落で、タローも失敗しました・・・
過去のチャートから、勝手に底値・安値を判断してしまいました。ファンダメンタルズ的にも割安でした。

でも結果、それより更に安くなり、年初来最安値のオンパレードでした(;^_^A

下降チャートの時は、とにかく我慢して、上昇チャートに切り替わったら買うべきです。

「もしかしたら、切り返すかも」「もう底値でしょう~」という願望、想像は不要です。

 

例えば、下記のようなチャートがあるとします。

f:id:happy-retirement:20181229164254j:plain

明らかに、最初の買った位置が悪いですね。この例では売った後に、株価が切り返していますが、それは結果論で、下がっている時は分かりません。

さらに株価が下落する可能性もあるため、ちゃんと損切することが大切です。

 

では、実際どこで買えば良かったのでしょうか?

f:id:happy-retirement:20181229164317j:plain

上昇チャートに切り替わったところです。完全な底値で買うのは難しいので、しっかりチャートが切り替わったところを狙いましょう。

 

では、チャートが次のようになったら、どうしましょうか?

f:id:happy-retirement:20181229165752j:plain

タローは、下げてきた所で売ります。

f:id:happy-retirement:20181229165932j:plain


基本的に下降チャートになったら、一旦利確をするべきです。再度、上昇チャートになれば、買い戻せば良いのです。

ちなみに、これは有名な「頭と尻尾はくれてやれ」ですね。

 

f:id:happy-retirement:20181229184129p:plain

(参考)相場格言『頭と尻尾はくれてやれ』 – FX・株の専門メディア「とうし科!!」〜初心者が投資で勝つための手法を公開中!!〜

完全な底値・天井値を読むことは難しいです。上がり始めたところで「買い」、下がり始めたところで「売る」ことが大切です。その前後の頭と尻尾は、くれてやりましょう~~♪

誰が得した?結果はどうなった?

今回のチャートをケース毎に分析してみます。

①損切しなかった人

この例だと、買値まで運良く株価が回復しましたが、更に下げて、ダウントレンドになったリスクもありました。

また含み損のショック・ストレスで、おそらく元の買値に戻った瞬間(または少し利益が出た時)に売ってしまうと思います。微利益、または損益ゼロくらいです。全く利益を得る事ができず、塩漬けになっている期間もあって、一番ダメなパターンです。

f:id:happy-retirement:20181229192447j:plain

②損切した人

2番目に良いパターンです。まず損切した損失は取り返しています。さらに下図のオレンジの丸の部分(頭と尻尾ですね)の幅が大きいほど、得られる利益も大きくなります。

f:id:happy-retirement:20181229190623j:plain

③損切もせず、最初から切り返しで買った人

一番良いパターンですね!!

切り返した所で買っているので、その前の「更に下がるかも・・・」という不安もありません。冷静にチャートと向き合うことができ、正しいトレードができます。

f:id:happy-retirement:20181229193053j:plain

それって『利大』じゃなくて『利小』じゃね?

でも、そんな、やり方じゃ、大きな利益(5~10倍株)を得られないぞ~~!!(笑)

うん、だから守りの買い方です♪

 

ポイントは、上昇チャートの上げ幅です。下図のオレンジの部分ですね。

f:id:happy-retirement:20181229195259j:plain

この幅が大きいほど、利益が大きくなります。一般的に10バーガーのように急高騰する株は、ちょっとした下落なんて気にしないくらい、ぐんぐん伸びていきます

仮に一時的に下落したとしても、この方法通りに、一旦利確して、また上昇したところで買い直せば良いのです。

 

以上が、今回の「タロー流投資マイルール・守りの買い方」ですが、改めて、見直してまとめると・・・

①逆張り禁止

②順張りの初動を掴む

ってことなんですよね~~。

やっぱり基本は「順張り」なんだな~と思いました。

 

次回は「攻め編」ですが、、、

まだアイディアが、まとまってないっす(笑)

 

でも、ポイントは「高騰する株の順張りの初動を、いかに早く掴むか?」なんです。

この年末年始に、じっくり考えるので、皆様お楽しみに!!

 

※ちなみに、株価を切り返すタイミングを読む方法は色々とあります。

最近だと、高沢健太さんのRCIとMACDを使ったやり方がシンプルで分かりやすいのでオススメです!!