株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

目指せセミリタイア&個人投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

Ciメディカル(歯愛メディカル)<3540>を分析してみた。

Twitterでオススメ銘柄を募集したところ、フォロワー様から、Ciメディカルを推薦いただきました。そこで、今日はCIメディカルについて分析します。

先に結論を言うと『まだ様子見、底値が分からない。貸株金利が下がって、反転の兆しが見られたら買い』です

Ciメディカルって、どんな会社?

f:id:happy-retirement:20181206103622j:plain
ホームページのトップから抜粋しました。

歯科材料の通信販売会社として2000年に設立。

歯科医院向け・医療機関向け通販としても売上高No.1となり、現在、全国歯科医院の約90%(約6万軒)と取引がある。

2009年には獣医分野に、2010年には介護分野に本格参入。2011年にはCAD/CAM事業を開始。

 シェア90%はスゴイですね!!そのほか動物の分野にも参入しているのも素晴らしいです。先日、アニコムパフェとの提携再生医療への出資など発表され、なかなか将来性も感じます。

ファンダメンタルズ分析

次にファンダメンタルズを見ます。

f:id:happy-retirement:20181206105504j:plain
f:id:happy-retirement:20181206105506j:plain

PER約25倍、PBR約4倍と、そこまで壊れていませんが、割安とは言えませんね。

今期予想ROEは16.5%、ROAは19.1、自己資本比率は78.3%と、こちらは優秀です。

時価総額は、675億円と少し高いです。

 

ただし、今期は下方修正が入ってます。

kabutan.jp

経常利益を従来予想の25.2億円から20.5億円に18.9%下方修正し、一転して5.1%減益見通しです。下記は、修正前の予想です。ちょっと成長が鈍化しているかな~と思います。

f:id:happy-retirement:20181206105509j:plain

 

テクニカル分析

 次にチャートの形を見ます。ひたすら右肩下がりです。

f:id:happy-retirement:20181206110340j:plain

f:id:happy-retirement:20181206110343j:plain

RCIは、長期も短期も-100付近ですが、右肩下がりのチャートで反発も弱いです(日足の短期のRCI)

MACDも、ずっと低水準なので、あまり参考になりません。

貸株金利

SBI証券の貸株金利の推移です。タローの過去ブログから辿りました。(ブログがメモになっていることは良い事です笑)

2.0% → 3.0%(2018/06/11)

3.0% → 5.0%(2018/07/09)

5.0% → 6.0%(2018/10/09)

6.0% → 7.0%(2018/11/05)

7.0% → 8.0%(2018/11/12)

半年かけて、金利8.0%まで上げてきています。ちなみに楽天証券も8.0%です。

ということは証券会社としては、売りたいと思ってることになります。実際にチャートは下がってきていますしね。

ちなみに、信用買い残も増えてきています。

3540 (株)歯愛メディカルの空売り残高情報

 

Ciメディカルは買いか?

以上、色々と分析してきましたが、タローの判断としては、、、

まだ様子見です。

でも悪くはないと思います。チャートの形が先日、ご紹介したFFRIと似ているからです。

www.happy-investment-life.comFFRIもかつて、貸株金利が9.0%まで上がりましたが、その後、チャートの下落と共に、金利を8.0%(5/28)→ 7.0%(6/25)→ 6.0%(7/2)と下げていきました。その後、「新規売り禁止」と「セキュリティ銘柄」ということで、誰かの仕手が入り、2036円から、2倍の4000円まで高騰しました。

まさにCiメディカルも、この流れがあるかなと思ってます。まだCiメディカルの貸株金利は高いので、まだまだ株価は落ちると思います。

底値を判断するのに、ファンダメンタルズ分析も使えますが、この手の銘柄はテクニカル(チャート)を見た方がいいです。まぁCiメディカルのファンダは、そこまで壊れていないので、参考にはなります。

 

①貸株金利が下がり、②信用買い残が減ってきて、③チャートが明らかに切り返してきたら買いです。今はオススメできません。

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログが面白かったら、ぜひ応援願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ