株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

目指せセミリタイア&個人投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

RIZAP銘柄の今後はどうなる?RIZAPグループ徹底分析!!(その①)

先日、まさかまさかのRIZAPから大きな下方修正(営業利益を230億円から、33億円の赤字)が発表されました。これに対して、市場は大混乱!!RIZAP銘柄株は、軒並み大下落しました。

『配当・株主優待がなくなるかもーー!!』などの悲痛な声が聞こえますが、先日の決算説明会資料を交えつつ、RIZAP銘柄の今後をタロー流に分析します。

はじめに

RIZAPの決算説明会資料って、毎回非常~~に丁寧に分かりやすく作られています。
毎回読むことが楽しく、株主の事をちゃんと考えているな~と感じます。

そんな決算説明会資料ですが、今回は、冒頭・真っ先に下方修正のことを取り上げ、謝罪しています。

f:id:happy-retirement:20181116125745j:plain

普通、悪いニュースは後回しにしたり、誤魔化すものです。昨今の不祥事などを見ると分かりますよね。最後まで情報を隠すし、なかなか謝りません(^-^;。

しかし、瀬戸社長は一番最初にこのスライドを見せています。ビジネスのプレゼン・説明資料でも、まず伝えたいことを最初に持ってきます。そこでマイナスの内容を持ってくることは、なかなかできないことです。

まだ決算説明会の動画を見ていませんが、瀬戸社長はずっと神妙な面持ちで、悲しさが伝わってきました。それが逆に、とても誠意を感じ、反省が見られて、非常に評価できます。

RIZAPのビジネスモデルとその失敗

 RIZAPは一種の「企業経営再建ビジネス」をやっていると捉える事ができます。

f:id:happy-retirement:20181116130358j:plain

簡単に言うと、次のような2段構成で利益を上げてきました。

①赤字の会社をM&Aで買収し、純資産を増やす。と共に負ののれんを営業利益として加える。

②グループ間シナジーで赤字の会社を再建し、利益を出せる会社にする。

 

負ののれんに関しては、こちらの方のブログが非常~~によくまとまっているので、ぜひご覧ください。

www.cpayossama.com

ブログ中から引用しますと、

負ののれんってのは、超簡単に言うと、どこかの会社を買収するときに、その買収する会社の時価ベースの純資産価値よりも安く買った場合にでてくる利益のことです。例えば、時価純資産が100億円ある会社を50億円で買うことができた場合、50億円の利益が負ののれんとして計上されます。

IFRSは負ののれんが「営業利益」に計上することができるんですよね。日本の会計基準だと特別利益となる一方で、IFRSだと営業利益に計上できる。

本来の価値より安く買収して、その差額を営業利益に計上していたわけです。これには賛否両論ありますが、ビジネスモデルとしてはアリです!!別に不正をやってるわけじゃなく、ルールに従ってるわけなので。

 

ただ、このモデルにうま味を感じたのが、あまりにも多くの会社を買収し過ぎてしまいました。その結果、対応できない会社も増え、中には問題児もいて、大赤字になってしまいました。

f:id:happy-retirement:20181116131708j:plain

f:id:happy-retirement:20181116131715j:plain

まぁ、人間社会だって同じですよね。急いで色んな人を、事前調査・精査なしに集めたら、そりゃ変な人も混ざるわけなので(^-^;

 

ただ、赤字の内訳を見てみると、ワンダーコーポレションとジャパンゲートウェイが大部分を占めています。MRK、ぱども赤字ですが、この2つに比べたら微々たるものです。

f:id:happy-retirement:20181116131931j:plain

この2社は、ちょっと問題児かな~と思います。

この状況を踏まえて、RIZAPは新規のM&Aを中止し、既存の事業の再建に注力することを発表しました。対策を具体的に発表することは素晴らしいと思います。

f:id:happy-retirement:20181116132328j:plain

こちらの記事でも、瀬戸社長は冷静に現状を分析され、反省されています。このような誠実さ、人間味に松本さん(カルビー前会長兼CEO)も共感されたのではと思います。
まぁ、いけいけドンドンでM&Aしたのは性格・キャラかもしれませんね(笑)

business.nikkeibp.co.jp

KYBやTATERUのデータ不正に比べたら、可愛いものだと思います。

不正してないし、ちょっとお買い物が過ぎましたね(笑)

今後のRIZAP銘柄の予想

①赤字再建屋としては立派

まずRIZAPは赤字会社再建屋としては、実績があります。

f:id:happy-retirement:20181116133133j:plain

なんだかんだで、程度に差はありますが、再建を達成しています。M&Aし過ぎて、再建する会社が増えたのが失敗で、数を絞って集中すれば、各関連会社は再度軌道に乗ると思います。

②ただのダイエットコミット会社じゃない

RIZAPは、『ダイエットをコミットさせる』会社ではありません。

『「人は変われる。」を証明する』会社です。 

www.rizapgroup.com

元々、「健康コーポレーション」という社名で、豆乳おからクッキーやどろあわわなどの、健康グッズを販売していました。「健康・幸せ」という企業活動コンセプトがあって、その1つがダイエット事業なのです。

よく「無理にダイエットさせるRIZAPは、もうオワコン」という意見を聞きますが、タローはそう思いません。今はスポーツビジネスに注力していますし、今後、初心者向けの低価格ダイエット事業が生まれるかもしれませんし。RIZAPには時代と市場に合わせて、変化する力があると思います。(豆乳おからクッキーやどろあわわからチェンジしたように・・・。)

 

そういう意味で、MRK、夢展望、堀田丸正、ジーンズメイトなどのアパレル事業、HAPiNS、イデアインターなどの雑貨店事業とのシナジーはあると思います。

特にMRKとは、「女性の美」とのつながりがあるので期待しています。

ジャパンゲートウェイの化粧品事業も本当は期待しています(^-^;

 

ブログが長文になったので、今日はここまで。

次回は、「優待はどうなるの?」「適正株価は?」などをご紹介します♪

www.happy-investment-life.com

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログが面白かったら、ぜひ応援願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ