株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

目指せセミリタイア&個人投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

何故、KDDI株を売らなかったか。大下落が起きた時に考える事。

昨日に続き、KDDIネタを。

先日のNTTドコモの値下げ報道を受けて、携帯電話株が軒並み下落しました。

タローのKDDI株の損益が、約+10%から-7%まで下落した時は驚きましたが、狼狽売り(慌てて持ち株を売ること)はしませんでした。

何故、狼狽売りをしなかったか、その理由を書きます。

f:id:happy-retirement:20181105110816j:plain

①KDDIは、そもそも通信料の減収を見込んでいたから

昨日のブログでも書きましたが、そもそもKDDIは既存の通信事業以外に注力を始めていました。そもそも通信料の減収を見込んだ上で、事業計画を作っていたのです。

そのため、値下げ報道があっても大丈夫だろうなと思っていました。案の定、2Qの決算発表を見ましたが、順調に計画を遂行中です。

www.happy-investment-life.com

②本当に値下げをするとは言っていない

NTTドコモは値下げすると発表しましたが、他社がそれに追随するかは、まだ発表されていませんでした。

これも案の定、KDDIは「NTTドコモに追随しない、むしろ既に値下げは対応済みだ!!」と発表しました。

KDDI髙橋社長が、ドコモの値下げ“新プラン追従”「絶対にない」と断言した理由 ── 分離料金のトップランナーは我々、の自負 | BUSINESS INSIDER JAPAN

 

このように、不確定情報で判断してはいけません。

NTTドコモだって「やっぱ止ぁ~めた」という事もあり得るのですから。

 

株価が大下落した時は、その会社の実力を正しく判断する必要があります。

そんな時に、ファンダメンタルズ分析が生きてきます。事実と情報に基づき、しっかりと分析・判断する必要があります。

今後のKDDIの株価は再度、3000円くらいまでゆっくりと戻すと思います。

ぜひ余力があって、気長に待てる人なら、買ってみることをオススメします♪

 

おまけ

このブログを書いた後に、超~~大物投資家のcisさんがKDDIを空売りしたとツイートがありました。

 

これには、めちゃくちゃ肝を冷やしましたが・・・、

 

 

本日、買戻し宣言があったので、一安心です(笑)

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログが面白かったら、ぜひ応援願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ