株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

目指せセミリタイア&個人投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

携帯電話株、KDDI、NTTドコモ、ソフトバンク、楽天のどれが買い?

先日、菅官房長官の携帯料金「4割下げろ」発言で、携帯株が軒並み値下がりしました。

shikiho.jp値下げの理由は、『携帯会社は儲かってるから、利用料金を下げることで、消費者に還元しろ』ということです。

この携帯電話の料金があまりにも不透明で、そして他の国と比較すると、高すぎるのではないか。

事業で過度な利益を上げるものではなく、利益を利用者に還元しながら広げていくものだ。

 「携帯料金4割下げろ」菅官房長官の姑息な思惑と越権行為|ニフティニュース

 

この発言を聞いた時に、一人の投資家として、ぞっとしました。要するに携帯会社は儲け(過ぎ)てはいけないという事です。利益を上げる度に、国からの圧力がかかるのであれば、今後も同じようなことが起きます。これでは、今後5~10倍と株価は成長しないのでは?と疑問に思いました。

そこで今回は、携帯電話株(KDDI<9433>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンク<9984>)について調べてみました。

※ちなみに、携帯電話事業に参入しようとしている楽天<4755>も参考までに入れました(^-^;

 

株価チャート

各社とも2013年頃から、株価が上昇し始めています。2013年は、初めてスマホの出荷台数がガラケーを上回ったり、NECやパナソニックが携帯電話事業から撤退した年です。ここからi-phone、Androidなどのスマホの普及が始まりました。

f:id:happy-retirement:20180824095657j:plain
f:id:happy-retirement:20180824095700j:plain
f:id:happy-retirement:20180824095702j:plain
f:id:happy-retirement:20180824095705j:plain

その後、2015~2016年くらいで株価の上昇が鈍化します。それ以降は、株価がそれほど変動していません。ソフトバンクは値幅が大きいですが(^-^;

このチャートを見ると、しばらく株価の大きな変動はなさそうに思えます。

業績

各社の業績ハイライトです。4社とも順調に売上高は伸びています。ただ営業利益は、やや鈍化しています。

①KDDI<9433>f:id:happy-retirement:20180824101307j:plain
②NTTドコモ<9437>

f:id:happy-retirement:20180824101313j:plain

③ソフトバンク<9984>

f:id:happy-retirement:20180824101311j:plain

④楽天<4755>
f:id:happy-retirement:20180824104705j:plain
f:id:happy-retirement:20180824104709j:plain

 

PER・PBR

 各社のPERとPBRを見てみます。(2018/08/24時点)

  KDDI NTTドコモ ソフトバンク 楽天
予想PER 12.21倍 15.52倍 15.7倍 11.85倍
予想EPS 245.3 183.8 626.9 64.8
実績PBR 1.91倍 1.8倍 2.29倍 1.49倍
実績BPS 1568.84 1580.88 4302.26 516.6

PER12~15倍、PBR1.5~2.0程度と、非常に良い値です。

特に楽天は、PER11.8、BPR約1.5倍と非常に割安です。

 

配当・株主優待

2017年の配当金額(利回り)と株主優待です。

  KDDI NTTドコモ ソフトバンク 楽天
配当 90円 100円 44円 9円
利回り率 3.01% 3.51% 0.45% 1.17%
株主優待 ×

 

配当の利回りは、NTTドコモとKDDIが3.0%を超えていて、非常に良いです。

株主優待は、NTTドコモだけなしです。

ソフトバンクと楽天は、自社サービス利用者しか使えない優待です

一方、KDDIは商品カタログギフトから選択できます。AUユーザ以外も申し込めるので、非常にお得です。

KDDI(9433)の株主優待紹介

ソフトバンクグループ(9984)の株主優待紹介

楽天(4755)の株主優待紹介

 

どの株が買いか?

4つの観点(チャート、業績、PER・PBR、配当・株主優待)から、各社を比較しました。それを踏まえて、今後のポイントとオススメ銘柄を紹介します。

まず各社に共通して言える重要なポイントは

『携帯電話以外の新しい事業で収益を得られるか』

です。現状、各社「一般消費者向けの携帯電話事業」が一番の稼ぎ頭です。そのため、今回の菅官房長官の発言のように、たびたび国からの抑圧を受け、どこかで売上は頭打ち・鈍化してしまいます。

これを打開するためには、それ以外の新しい稼ぎ頭、ブレイクスルーが必要です。2013年にスマホが普及し、各社の株価が高騰したのも新しいブレイクスルーが起きたからです。

まさに、今がそのタイミングだと思います。IoT・AIを用いた新しいサービス(スマートホーム、スマートファクトリ、RPAなど)が少しずつ立ち上がろうとしています。これをきっかけに、携帯事業会社は更に規模が大きくなり、会社が拡大すると予想されます。

これに正しく順応・追随した企業は「この数年以内に再度、株価が3~4倍になる」と予想します。

ただ数年は、我慢が必要です。そのため株価が割安になったタイミングで(追加)購入し、中長期投資(5~10年)を覚悟する必要があります。短期に10倍株は狙えない投資法です。

これは、中長期投資を目指す、兼業投資家・サラリーマン投資家にオススメの投資法かなと思います。日頃、頻繁に株価をチェックできない人は、ぜひ参考にして下さい。

 

さて4社の検体電話株で、タローがお勧めするのは、KDDIです。

IoT・AIを用いた新しいサービスいう観点だと、1位・ソフトバンク、2位・KDDI、3位・NTTドコモの順だと思います。ソフトバンクは孫社長のキャラと勢いがありますので、確実に成果をだしてきそうです。ただKDDIも地味なんですけど、計画性はあります。

 

次に、中長期投資という観点だと、配当・株主優待が非常に良いKDDIです。中長期投資で、じっくり資産を守って増やす上で、配当と株主優待は重要だと思います。

(今後、NTTドコモが株主優待を始めたり、ソフトバンクが配当を上げると面白くなりそうですが・・・)

 

 

今年の1月、楽天の携帯事業参入(楽天ショック)で、携帯電話株が下落しました。

この時、KDDIを割安(BPR1.6倍、PER10.5倍)で買うことができました。

www.happy-investment-life.com

チャートの形を見ても、今後も株価は乱高下するでしょう。株価が割安になった時は、チャンスです!!

ぜひ安値になったら、思い切って、KDDIを含めた携帯事業株を買ってい欲しいと思います。

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログが面白かったら、ぜひ応援願いします♪

にほんブログ村 株ブログへ