株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

目指せセミリタイア&個人投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

レカムの3Q決算発表延期はどっちに転ぶか!!敢えて厳しく評価します。

このブログでも 何度か紹介しましたレカム<3323>ですが、3Qの決算発表が8/10(金)から8/13(月)に延期になりました。

決算発表延期は、上方修正(好材料)、下方修正(悪材料)のどちらの可能性もあります。

タローは、レカムホルダーではないのですが、今まで色々と調査・考察してきました。

レカム<3323>の個人投資家向け説明会に参加してきた。

話題のレカム<3323>について調べてみた。

その中で、レカムの『成功のキー』を次のように考えています。

タローが思う『成功のキー』は3つです。

①情報通信事業の売上維持

②新しく立ち上げた環境関連事業の拡大

③海外法人事業×BPOの拡大

 

このうち、②、③はあまり心配していません。先日の決算発表でも全然悪くなったので。やっぱり、不安材料は①です(;^_^A

 

レカムは、まだまだ情報通信事業がメインです。環境関連事業は順調に拡大してますし、海外法人事業は、中国で子会社が上場して将来の伸びが楽しみです。ですが情報通信事業の売上には及ばず、まだ成長段階です。

 

この情報通信事業が、3Q決算発表のキーポイントだと思います。

タローの予測は3つです。

最もハッピーなパターンは、情報通信事業がややショートしてるけど、環境関連事業と海外法人事業が早くも芽を出し始め、その効果で、やや上方修正というパターンです。

急成長した環境関連事業と特に海外法人事業の集計が間に合わず、決算が遅れるという超~ハッピーパターンです。

 

アンハッピーなパターンの次の2つです。

①情報通信事業のややショートで、やや目標未達からの失望売り。

②情報通信事業の大幅ショートによる下方修正。

情報通信事業のショートを少しでも補うため、急遽、海外法人事業の売りを足そうしているパターンです。

 

レカムのチャートは、こんな感じです。240円まで落ちて割と安くなってきた気もします。

f:id:happy-retirement:20180731212928j:plain

ですが、まだ買うのに躊躇しています。

レカムの売りは営業力です。これは伊藤社長もおっしゃられています。

一方、商材の新規性(他社との差別化ポイント・優位性)は弱いと思っています。他の会社でも参入できてしまいそうです。

これがタローが躊躇している理由です。

この「営業力」と「独自の強い」の2つは成長株投資の巨匠、フィリップ・フィッシャーの「15の法則」にも書かれています。そしてタローは、理系・技術者であるので、営業力より技術力・商品の新規性に重点を置いてしまいます。本当に画期的で良いものは、下手な営業でも売れるのですから。iphoneとか、人気ゲームなど。

 

この答えは、延期した8/13の3Q決算発表で明らかになります。

なんだかんだ言っているタローもレカムの1ファンです。ノンホルダーですが楽しみに発表を待ちます♪!!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログが面白かったら、ぜひ応援願いします♪

にほんブログ村 株ブログへ