株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

目指せセミリタイア&個人投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

逆日歩に売りなし、買いなし、どっち???

『逆日歩に売りなし』 『逆日歩に買いなし』 という株用語があります。

逆日歩とは、信用売り数が信用買い数を上回り、投資家に貸す株が足りなくなったときに発生します。信用売りしている人に対して、1日単位で利子(逆日歩)が発生します。

この逆日歩が大きくなると、信用売り側の負担が大きくなるので、買い戻しが発生します。いわゆる「踏み上げ相場」です。そのため逆日歩が発生すると「買い」のチャンスで『逆日歩に売りなし』と言われれます。

一方、短期的に見れば「売り」要素が強いわけです。一時的な買い戻しが発生しても、再度急落する可能性があるため、『逆日歩に買いなし』と言われます。

www.nomura.co.jp

このバランスは、信用買い数、信用売り数のバランス(賃借倍率)の推移を見て判断するしかないと思います。

一方、ずっと逆日歩が付いている銘柄は、どう判断すれば良いのでしょうか?

 結論から言うと、分からないです。ネットで色々と調べてみましたが、この事が書かれた記事は見当たりませんでした。

 

この疑問を抱いたのは、タローが所有しているFFRI<3692>の逆日歩をチェックしていたのがきっかけです。

FFRIって、ずっと長期間、逆日歩が付いています。

 

これが今年2018年1月から6月の賃借情報です。

赤が信用売り数ですが、ずっと不足して逆日歩が付いています。

f:id:happy-retirement:20180625105611j:plain

 参考までに、2017年の賃借情報も載せます。こちらも同じく、信用売り数の方が多いです。

f:id:happy-retirement:20180625105629j:plain

 

株主優待狙いで、一時的に逆日歩がつくことはあります。

例えば、株主優待で有名なすかいらーく<3197>ですと、権利確定日の6月、12月末にむけて、少しずつ信用売り数が増えていきます。

今月6月は、権利確定日なので、逆日歩が付き始めています。

f:id:happy-retirement:20180625111521j:plain

このような銘柄ですと、一般的な『逆日歩に売りなし』 『逆日歩に買いなし』の法則があてはまると思います。

 

FFRIの2017年からの週足チャートです。チャートだけを見ると、売り要素が強い気がします。

f:id:happy-retirement:20180625112618j:plain

ずっと逆日歩が付いている銘柄については、今後も継続して分析していこうと思います。FFRI以外にも、このような銘柄があると調べてみます。

 

※ちなみにFFRIは、本日、年度最安値更新・・・。痛い・・・orz

 

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログが面白かったら、ぜひ応援願いします♪

にほんブログ村 株ブログへ