株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

目指せセミリタイア&個人投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

株式投資6年目で、初めて「決算またぎ」という言葉を知る(笑)

今月は決算発表が続きますが、皆様の持ち株はいかがでしょうか?

タローは見事に「決算またぎ」に失敗し、含み益を減らしてしまいました・・・。

2013年から株式投資を始めて、今年で6年目ですが、ようやく「決算またぎ」という言葉を知りました。恥ずかしい・・・(><)

今までは「好決算であれば、株価は上がる!!」と思っていましたが、そうではなく、株主の期待値が重要だと知ることができました。

今回の失敗を踏まえて、「決算またぎ」について考えてみました。

きっかけは自身のブログ

5/15に保有しているFFRIの2018.3月期決算発表がありました。そのブログを書いている時に気付いたのですが、3Qの決算発表の翌日、FFRIは-10%以上、株価を下げました。

これを過去のブログに書いていたので、もしや!!と思いましたが、後の祭り・・・、今回の通期決算発表の後も、-395円-9.96%)下げました。ほぼ10.0%・・・。

3Qも通期も決算内容は悪くありませんでした。むしろ3期連続最高益達成していますし、3Q時の予想を上回っています。

これが「決算またぎ」の怖さです!!

いくら良い発表でも、株主の「期待値」を下回っていれば、株価は下がります。

特に高金利貸株銘柄・中小株は、過度に期待されているので、普通の決算発表ではダメなんです。ていうか、どんだけ期待してるねん!!

 

FFRIの他にもJIG-SAWは、1Q売上前年度比+2.2%、経常利益+4.0%でしたが-150円(-4.44%)下げました。年初来最安値を更新です。

サイバーダインは、赤字でしたが売上増。ですが-98円(-6.75%)の下落。

ASJは1800万円の黒字転換し、来期19年は前期比66.7%増の3000万円に拡大する見通しとなったのに、決算翌日は-69円(-4.38%)。今日は更に下がって、-141円(-9.37%)です。2日で-210円(-13.75%)です。

高金利貸株銘柄は、結構、酷い状況です。

一方、リミックスポイント、FRONTEO、インフォテリアのように超好決算が発表されれば、翌日に株価が高騰します。って、これで上がらなかったらオカシイですが・・・

 ※下の画像は、2018/5/16の終値です。SBI貸株で5.0%以上の銘柄です。

f:id:happy-retirement:20180517174311j:plain
f:id:happy-retirement:20180517174320j:plain
f:id:happy-retirement:20180517174340j:plain
f:id:happy-retirement:20180517174342j:plain

 

決算またぎのポイント

それでは「決算またぎ」を、どう判断するかです。

もし好決算が出れば、高騰するのである意味、賭け・博打の要素が強いと思います。

タロー流に考えました。

大きく値動きする銘柄か?

大型銘柄であれば、決算後もそれほど株価は変動しないと思います。

KDDIは好決算でしたが、高騰まではしませんでした。日産は経常利益-13.2%、来期最終益-33.0%減という超~~マイナス発表にも関わらず、株価は下げていません。

やはり影響するのは、高金利貸株銘柄、中小・ベンチャー、イナゴ銘柄などかな?と思います。

自身の持つ銘柄が、どちらかを見極める必要があります。長期に保有・監視していれば、その傾向が分かると思います。

好決算で下落した株は買い時!!

「決算またぎ」の賭けに負けても、安値で買えていれば、ある意味ノーダメージなわけです。

つまり「決算またぎで下落した時を狙って、安値で買う」という作戦がとれます。

特にマイナス要因がないのに下落した、自分が注目している・好きな銘柄は積極的に買うべきです。

タローも、FFRIは決算前に半分売却し、翌日の寄成で残りを売却しました。これでプラスマイナス0、ノーダメージです。今後、FFRIはもう少し落ちると思いますので、また買い直します。安値で買っておけば、「決算またぎ」を意識する必要がなくなります。

短期狙いの人は、不安なら決算前に売ればよいですし、中長期・一発どかーーんを狙っている人は粘り強く待てば良いです。

ちなみに、上の画像のイグニス、5/14に超マイナス決算発表があり、その翌日5/15に株価が大下落しました。確か-10.0%くらいで、ストップ安気配もありました。

しかし、5/16は+60円(+4.27%)、本日5/17の終値は+25円(1.71%)、2日で+85円(5.98%)回復しています。

イグニスは、あんまりオススメできる銘柄ではないですが、このようにリバウンドを狙うことができます。

決算ギリギリまで粘る

当日の決算内容を事前に把握しておくのは、なかなか難しいです。ただ決算発表当日に上方・下方修正を発表をする会社もあります。それをギリギリまで待って、粘るという戦略もあると思います。

ただ、安値で買って、下落の不安を払拭するのが一番かな~と思います。

もちろん、自身が買っている銘柄の業績・動向は把握しておく必要はあります。

 

今回、「決算またぎ」 で痛い目に合いましたが、非常~~に良い勉強になりました。失敗することは大切です。

決算下落は、ある意味、株を安く買えるチャンスでもあるので、ぜひ今後は活用していきたいと思います!!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログが面白かったら、ぜひ応援願いします♪

にほんブログ村 株ブログへ