株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

目指せセミリタイア&個人投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

話題のレカム<3323>について調べてみた。

Twitterやブログを読んでいると、共通に注目されている銘柄を見かけます。

もしかしたら掘り出し物があると思い、調べてみることにしました。

今日は、レカム<3323>です。

※タロー個人の見解で、銘柄・ホルダーを批判するものではないです。

貴重なご意見、コメントをいただけると嬉しいです。

レカムの事業セグメント

 レカムIRサイトに掲載されている「中長期計画」から拝借しました。

※2016/11/25に発表されたものなので、細かい数値は修正されています。

「情報通信事業」、「BPO事業」、「海外法人事業」の3事業を展開していて、「情報通信事業」が大部分を占めています。

f:id:happy-retirement:20180404123352j:plainこれからの2年間で売上高は約2倍、営業利益は約3倍を目指します。

特に緑色の「海外法人事業」の成長が著しく、ここがキーポイントです。

この計画通りに推移すれば、そりゃスゴイ!!みんなが期待するのも分かります。

レカムの直近の業績・進捗状況

昨年2017年9月期の業績です。

3期連続の増収で、過去最高益を達成しました。

f:id:happy-retirement:20180404131449j:plain

中長期計画(2017年)、売上高56.5億円、営業利益3億円に対して、若干ショートしていますが、着実に成長しています。

再成長戦略と書かれていますが、2013~2014年は苦戦してたのですね・・・。

 

さて、今期の第1四半期の業績を見てみましょう。

昨年度に比べて売上高+6000万円(5.1%)で悪くはありません。

営業利益の赤字も、事業拡大に向けた人員増強や本社移転費用なので投資としてはOKです。

f:id:happy-retirement:20180404132222j:plainただ中長期計画値(2018年)、売上高76億円(注1)、営業利益6億円に対する進捗率があまり良くないです。単純に1/4にすると進捗率は25%を超えて欲しいですが、現状約16%です。

(注1)中長期計画の数字を足したら75億ではなく、76億円でした(^^ゞ

 

デジタル複合機は苦戦か!?

気になるのは、メインの「情報通信事業」の「デジタル複合機」の売上が減っている点です。下記に2018年第1四半期と2017年通期の商品別売上高を載せます。

■2018年第1四半期

f:id:happy-retirement:20180404134213j:plain■2017年通期

f:id:happy-retirement:20180404134618j:plain

レカムは、Ret's copyという複合機に導入・保守サービスを展開しています。

ただリコーが赤字で苦戦していたり、米ゼロックスが不振で富士フイルムが買収する話があったりと、複合機市場自体が苦戦しています。

他のサービスで上手く補えていますが、これが中長期計画のように推移するか懸念されます。

海外法人事業は好調、だけど・・・

海外法人事業は前年比で、売上約2.4倍、利益約4.3倍と好調です。f:id:happy-retirement:20180404152926j:plainこの要因はベトナム、中国、マレーシアなど、アジアに進出して業績を伸ばしています。

f:id:happy-retirement:20180404153258j:plain

とは言え、中長期計画(2018年)のこのセグメントの目標、売上高15億円、営業利益2.8億円に対して、進捗率は12%、16%です。好調な海外事業に対しても進捗率は悪いです。

今後の予測

レカムは前年同期と比べて、全セグメント売上を伸ばしている一方、中長期計画に対する進捗率は悪いです。

ただ!!これに対して、中期計画を見直し、適切な軌道修正をしてきました!!

なんと上方修正も!!

f:id:happy-retirement:20180404161110j:plain

各セグメントの業績予想を下方修正し、代わりに新しい「環境関連事業」で補う計画です。

f:id:happy-retirement:20180404162226j:plain

レカムは今後の中長期戦略として、3つ挙げています。

このうち大切なのは、①と③です。

M&Aの加速化

②AIを活用したIT投資による利益増大

③海外展開の加速化

 

この環境事業関連もM&Aです。(光通信事業も合わせて。)

 

M&Aによる既存・新規事業の強化&海外展開強化が、

今後レカムが、中朝目標を達成できるかの重要ポイントになります。

 

では、今後の株価はどうなるか?

中期的には、上記の中長期戦略がうまくいけば、株価は2~3倍(500~750)は、行くでしょう。ただ短期的に10倍(テンバーガー)は達成しないと思います。多分、数年かけて成長するタイプ。

短期的には、人気株(イナゴってる?)なので、多少変動すると思いますが、良いニュースリリースがない限り上がらないと思います。

タローは、しばらくは注目。買いは控えます。

次の第2四半期決算発表の進捗状況で判断します。

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログが面白かったら、ぜひ応援願いします♪

にほんブログ村 株ブログへ