株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

目指せセミリタイア&個人投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

祝・JT<2914>復活!!ということでJTを調べてみた。

1週間前(3/23)に日経平均が1000円超下げましたが、結局元に戻りましたね!!

含み損-9.08%(2,828円)まで下げたJTさんは、この1週間で-1.38%(3,066円)まで回復しました!!ぶん投げなくて良かった・・・。

3,000円以下で買えた人は、素晴らしいです!!

防衛ライン突破(泣)こういう相場は、無理に買わない!! - 株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

よい機会なので、大ボリューム株主アンケート(25問)を書きながら、JTについて調べてみました。

f:id:happy-retirement:20180331100939j:plain

JTは、やっぱり「たばこ」の会社

JTは「たばこ事業」の他に「加工食品事業」と「医療事業」をやっています。

ですが、売上の87%がたばこ事業です!!

f:id:happy-retirement:20180331101453j:plain

JTのIRサイトでは「事業の多角化」を推進していると書かれていますが、まだまだ主力は「たばこ」です。国内が売上の29.3%、海外が57.8%で、海外市場がメインです。

たばこ事業だけなの? | JTウェブサイト

 

JTは世界第3位のシェアを持っています。1位は、iQOSで有名なフィリップ・モリス・インターナショナル。2位はブリティッシュ・アメリカン・タバコです。たばこ業界は、この2強のようです。

f:id:happy-retirement:20180331102537j:plain

世界のたばこ消費上位5か国は、インドネシア、アメリカ、ロシア、日本、トルコです。日本は消費量が多いのですね!!

f:id:happy-retirement:20180331134548j:plainSBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

この上位5か国のうち、JTは高いシェアを持ってます。

ロシア(1位)、日本(1位)、トルコ(2位)です。

f:id:happy-retirement:20180331102332j:plain

ロシアは、世界3位の市場規模を持っていて、シェアはJTが33%、フィリップ・モリス・インターナショナルが27%、ブリティッシュ・アメリカン・タバコが23%です。第4位のドンスコイ・タバック(6.7%)を買収したことで、ロシアでのシェアが39.7%になります。

JT:ロシア4位のたばこ会社買収、総額1900億円-現地シェア4割に - Bloomberg

このロシア4位の買収に対しては、賛否両論があるようですが、シェアの拡大という意味ではアリだと思います。

アメリカは、PMIが41%のシェアを持っており、JTはわずか0.26%しかありません。あえてアメリカでは勝負せず、他の地域で勝負する戦略は正解です。

過去のブログで、なんで4位買うの?という無知なことを書いてスミマセン・・・。

 

ちなみに、インドネシアも買収を進めています。この積極的に攻める経営は、良いと思います。

www.nikkei.com

日本ではモスバーガーが全店舗完全禁煙になったり、奈良県の市役所では喫煙後はエレベーターが乗れなくなったり、たばこに対して厳しいです。国内の紙たばこのシェアは縮小傾向で、売上も減少しています。

ただロシアやインドネシアの喫煙者率は高いです。グローバル&多角的なJTの戦略は正解だと思います。

 

ただ電子タバコで出遅れたのは痛いですね。株主総会でも突っ込まれたようです。

iQOSのイメージが定着してしまったので、プルーム・テックで如何に巻き返すかが需要ですね。(それか縮小する日本は捨てて、海外で勝負するかかな。)

toyokeizai.net今回、JTを調べてみましたが「タローとしては、当面心配ない」と判断しました。

そのため、長期保有&下落時に買い足す方針にしました。

うまくロシア・インドネシアのシェアを拡大できれば、更に成長するかもしれません。ただ国内の対策は必要ですし、たばこ以外の事業拡大も重要です。

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログが面白かったら、ぜひ応援願いします♪

にほんブログ村 株ブログへ