株式投資犬♂タローのセミリタイア&個人投資家への道

目指せセミリタイア&個人投資家!! まずは資産1億円突破を目指します。

高金利貸株ASJ<2351>ストップ高!!なんだけど・・・。

SBI貸株、高金利5.0%のASJ<2351>が、本日ストップ高をつけました!!

「RNCDDS」という技術の特許取得が材料のようです。

ASJはカイ気配、クラウド関連新技術「RNCDDS」で国内特許取得 | 個別株 - 株探ニュース

 「RNCDDS」って、どんな技術だろう?と思い、論文を読んでみましたが・・・、

それほど、すごいか?

と思いました。

実はタローの本業はITエンジニアでクラウドストレージは、多少詳しいです。

ここでは、技術の詳細は説明しませんが、気になった点を紹介します。

①まだ要素・研究段階で実用化は、まだまだ遠い。

論文で比較されているHadoop・GlusterFSは、RNCDDSと同じような分散ストレージです。

※分散ストレージとは、複数のサーバ・PCを一つの巨大なストレージとして扱える・見せる技術です。

この2つの技術が安定的に実用できるまで約3~5年かかってます。それくらい分散ストレージの開発は難しいです。

またHadoopは、元々yahooで開発され、実際にyahooのサービスで使われていました。

GlusterFSはオープンソースのプロジェクトでしたが、RedHatが買収して支援が入っています。(今は、Redhat GlusterFSです。)

この2つのストレージは、オープンソースなので、誰もが開発に貢献でき、大規模な開発が可能です。多くの優秀なプログラマ・エンジニアの力で開発されました。

更に色々な分散ストレージが開発されましたが、残っているものは少ないです。

そんな難しい技術領域で、ASJ(+オレゴン大学?)だけで開発できるか疑問です。

 

②大幅に高速化しているか?

 「RNCDDSは大幅な高速化を実現可能とし、ハードウェア容量を最大3分の1にする技術。」と紹介されています。

 ハードウェア容量が1/3になるなら、処理速度も1/3(最低でも1/2)になるはずですが、論文を見てみると・・・、

f:id:happy-retirement:20180328173150j:plain

 Hadoopに対して、ディレクトリアップロード以外、

1/3どころか、1/2もなってません。

さらに、この技術は、動画データの配信を目的にしているようですが、データ配信に重要な「ダウンロード」を見てみると、3/4程度しか速くなっていません。

さらに言うと、Hadoopって動画データなどのコンテンツ配信用のストレージではなく、ビッグデータ解析が得意なストレージです。比較対象として適切なのでしょうか。

 

ただ、このASJのスゴイところは・・・、

RNCDDSの特許出願・登録、論文登録のニュースリリースで株価が爆上げするところです(笑)

f:id:happy-retirement:20180328174727j:plain

どこかのマスゴミが情報操作をして民意を煽るのと似ています(笑)

 

という訳で、この銘柄はノータッチかな(;^_^A

もし長期的に待てるなら、1,000~1,300円くらいで購入することをお勧めします。

(購入はご計画的に。タローは未推奨です。どっちや

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログが面白かったら、ぜひ応援願いします♪

にほんブログ村 株ブログへ